品川区

  1. 安養院 ひかり陵苑

    安養院 ひかり陵苑の概要安養院ひかり陵苑は、品川区の西五反田にあり臥龍山安養院(がりょうざん あんよういん)が建立しました。臥龍山安養院は、平安時代に開山された一千年の歴史がある寺院になります。総本山は比叡山延暦寺です。また、御本尊には「寝釈迦像」を祀っています。

    続きを読む
  2. 高福院

    高福院の概要高福院は品川区にある御府内八十八ヶ所霊場の4番札所で、高野山真言宗の寺院です。寺号は高野山無量寿院末高福院、本尊は阿弥陀如来です。慶安元年(1648)、阿闍梨頼順により開山されました。高福院斎場では、お通夜なしの一日葬、家族葬、一般葬を行うことができます。

    続きを読む
  3. 法倫閣 妙蓮寺斎場

    法倫閣 妙蓮寺斎場の概要妙蓮寺は、 品川区南品川にある顕本法華宗系単立の寺院です。寺号は恵日山妙蓮寺、長享元年(1487)に総本山妙満寺11世寂光院日遵上人によって創建されました。妙蓮寺にある法倫閣 妙蓮寺斎場の利用は、檀家に限られています。

    続きを読む
  4. 平塚橋会館

    平塚橋会館の概要平塚橋会館は、品川区の公営貸し葬議場です。そのため、利用に際しては、品川区民の葬儀を行う場合または、品川区民が主催で行う葬儀であることが条件となります。式場の広さは、50席です。着席で最大60名程度、50名~100名程度までの会葬者に対応することができます。

    続きを読む
  5. 丸山寺

    丸山寺の概要丸山寺は、品川区の二葉にある日蓮宗の寺院です。寺号は常説山龍昇院丸山寺で、芝増上寺の境内にあった丸山稲荷を熱心に信仰していた常説院妙一尼が、昭和3年(1928)開山、龍昇院日現が開基し、現在に至るといわれています。本尊は大曼荼羅です。

    続きを読む
  6. 高野山東京別院斎場

    高野山東京別院斎場の概要高輪の高台にある、首都における高野山真言宗の拠点となっている寺院。本堂での式となります。一般葬、大型葬・社葬での利用が主です。公共交通機関から徒歩6分の立地にあり、ご参列の方にも便利な斎場です。

    続きを読む
  7. 観音寺会館

    観音寺会館の概要品川区の大崎にあるのが、観音寺です。寺号は金剛山円通院観音寺で、大阿闍梨法印光海が天正元年(1573年)開山、江戸初期に現在の大崎に移転しました。本尊は釈迦如来像です。

    続きを読む
  8. 霊源寺

    霊源寺の概要江戸時代より火葬寺として供養を行っていた品川区に位置する霊源寺。大正7年に火葬場を桐ヶ谷斎場に譲渡しました。諸宗山無常院と号し、本尊は阿弥陀如来で宗派は浄土宗ですが、宗旨宗派問わず本堂にて葬儀が可能となっています。

    続きを読む
  9. 安楽寺別院 五雲閣

    安楽寺別院 五雲閣の概要安楽寺は品川区西五反田にある天台宗の寺院で、寺号は松園山宝林院安楽寺です。天正元年(1573)頃に竪者法印良珊により開山したといわれています。敷地内に建つ安楽寺供養塔群は、江戸から大正にかけての民間信仰を伝えるものとして、品川区の有形文化財に指定されています。

    続きを読む
  10. 摩耶寺

    摩耶寺の概要品川区の有形文化財、釈迦の生母麻耶夫人像を所蔵することで知られる摩耶寺は、品川区荏原にあります。宗派は日蓮宗で、寺号は佛母山摩耶寺です。寺の詳しい来歴は分かっていませんが、立法院蓮生日了により開山されたといわれています。

    続きを読む

2018年12月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る