ブログ

天恩山五百羅漢寺

天恩山五百羅漢寺の概要

天恩山五百羅漢寺は、宗派が単立の珍しい寺院で、江戸時代には綱吉と吉宗の援助のもとに繁栄し、その後二度の移転を経て現在に至ります。
その名の通り500体以上の羅漢像が安置されていて、その眺めはまさに圧巻。かつ昭和に再建された建物は近代的かつ荘厳で、儀式設備の整った法堂では300名規模までの葬儀などが執り行えます。
また永代供養に力を入れている寺院でもあり、目黒霊廟には宗派を問わず多くの檀信徒が眠っています。東急目黒線・東京メトロ南北線「不動前」駅より徒歩8分、駐車場も50台を備え、好アクセスです。

天恩山五百羅漢寺の詳細

住所 東京都 目黒区 下目黒3-20-11
アクセス 東急目黒線、東京メトロ南北線  「不動前」駅より 徒歩8分
料金 Aタイプ 清雲 200,000円
Bタイプ 瑞光 300,000円
座席数 A:30 B:60 C:120 D:180 E:180
駐車場 あり50台
特記事項

関連記事

2018年4月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る